行政書士試験
資料行政書士試験は、国家試験ですが、宅建と同じく、受験資格も年齢制限もありません。合格者の平均年齢は、35歳前後ですが、最年少は、16歳という記録があります。行政書士の試験日は、11月初旬の日曜日になります。

試験科目は、行政書士の業務に関し必要な法令等が択一式および記述式の46問になっています。

この内訳は、基礎法学2問、憲法5問、行政法22問(記述式1問)、民法11問、商法5問、憲法1問です。

また、行政書士の業務に関連する一般知識等が択一式の14問となっています。
この内訳は、政治・経済・社会7問、個人情報保護2問、情報通信2問、文章理解3問となっています。300点満点で6割が合格ラインです。

ただし、足切りという制度があります。行政書士の業務に関し必要な法令等が択一式および記述式の46問で、配点が244点になっていますが、この科目で最低122点以上(つまり5割)を取らなければなりません。

また、行政書士の業務に関連する一般知識等で択一式の14問で、配点が56点になっていますが、この科目で最低24点以上(つまり4割5分以上))を取らなければなりません。












ここ、最近の合格率は5%前後となっており、狭き門ですが、大学の法学部などで、法律を学んでいた人にとっては、挑戦しやすい資格といえます。

スポンサードサーチ
ネットショップするなら「アシスト店長」で決まり!
売上の作れる受注管理システムについて
http://assist-tencho.com/

行政書士の平均年収と人気度
貯金箱と計算機行政書士の平均年収は600万円といわれています。ほとんどの行政書士は独立しています。
行政書士は、他の国家資格である社会保険労務士や弁護士、税理士と違い、お客さんと顧問契約を結んで、毎月の顧問報酬を得ることができません。したがって、営業や広告活動を積極的に行い、自分の行政書士事務所の存在と自分が出来る業務を世間に知らせる必要があります。これは、他の国家資格にもいえることです。(ただし、広告営業には、制限もあるので注意が必要です。)

他の国家資格である社会保険労務士や税理士は、必ずしも、独立しないでも、環境に恵まれれば、サラリーマンのような勤務形態をとる形がとれて、高い給料を得ることも可能です。

しかし、行政書士の場合、独立の形なので、年収も営業力に左右され、格差が激しいといえます。

では、具体的に営業の手段は、何になるのでしょうか。それは、今の時代、ネットになります。
ネットで見込み客を集客して、いかに自分のお客さんにするかというのがポイントになります。このネットに精通している行政書士は、年収も高いです。

行政書士資格の人気ですが、職業としての地位もありますが、法律資格の入門編としての位置づけでとらえて、学習する人が多い資格といえます。例えば、宅地建物取引主任者や司法書士と同じで民法という科目があります。また、他の資格と合わせやすい資格ともいえます。

例えば、行政書士と社労士、行政書士と司法書士などです。そうすることで、仕事の幅も増えるので、行政書士の資格を狙う人は多く、人気のある資格といえます。

本サイトでさまざまな行政書士問題を説いて合格を目指して下さい。